四十肩・五十肩

HOME   >  お身体でお困りの症状   >  四十肩・五十肩

このような症状をお持ちの方『四十肩・五十肩』の疑いがあります


 ・肩の痛みが気になり、夜眠りにくく、辛い
 ・肩を動かすと痛く、着替えや物を持つのができなくなってきた
 ・肩の痛みは治まってきたが、腕が上がらない

 四十肩・五十肩とは、その名の通り40〜50代に多い症状です。ソース画像を表示

正式名称は、「肩関節周囲炎」と言われ、期間によって症状が分かれます。

 急性期(〜半年):急激な肩の痛みが起こる。
肩を動かしていなくてもズキズキと痛むこともあり、痛みで眠れないなどの症状が出る。
 慢性期(半年〜1年):急激な痛みは落ち着いてくるが、肩や腕を動かすと痛みが出る。
腕をあげる、着替え、荷物を持つ、つり革に捕まるなどの動作に痛みが出ることが多い。
 拘縮期(1年以上):肩の動きが制限されたまま固まってしまった状態。
痛みはかなり落ち着くが腕が上がらないなどの症状が起こる。

 当院では骨格の歪み、肩回りの筋肉の疲労・負荷から四十肩・五十肩の原因になると考えます。
 肩周りは沢山の筋肉・関節でできています。

骨盤や背骨が歪むと、肩周りの筋肉疲労・負荷がかかります。

また、筋肉や関節の中の血流が悪くなり、炎症が引き起こされるのです。
四十肩・五十肩は個人差はありますが症状が出てから放置していても1~2年ほどで自然と痛みがなくなることがあります。
しかし、肩回りの可動域(動き)は悪いままのため生活するうえで不自由さが残ります。
早期に治療されることをおすすめいたします。
患者様一人一人にあった治療提案をし、根本改善にむけ施術いたします。

「TDK・鍼灸接骨院」は群馬県の太田市・伊勢崎市・埼玉県熊谷市のお客様を中心にご利用を多くいただいております鍼灸接骨院です。
 予約優先制を取らせていただいているので予約時間になっても時間通りに案内されないということはありませんのでご安心ください。